ゆらゆら

奇跡のおじさんたちのこと、ど新規目線でゆらゆらと

森田剛は冷め男なのか

櫻井・有吉 THE夜会 の剛くん。

V6でのことを通常運転で話す森田剛とか、とにかくかわいい観葉植物を探す森田剛とか、まぁオタクが「かわいい〜!!」と騒いだ1時間。

素直にめちゃくちゃ面白くて私は満足です!!!

 

冷め男の話も

「剛くんは相変わらずシャイボーイだなあ」

なんてニコニコして聞いてたし、楽しかった。

けど、twitterを見てるとやっぱり多くのV6ファンは少し、うーん…ってなっちゃった人が多いかなあ。私も「それは違うよ!」と苗木くんばりに感じるところがちょっぴり。

 

私たちファンはV6のあと5人といるV6の森田剛を知っているから微笑ましかった部分も、そうでない人は彼を心の底から冷めた人だと思っても仕方ない内容だったような〜気がする。

 

バラエティだから面白くなったのならいいかなと思う自分もいるし、剛くんはもっとこういう人なんです!!と分かってもらいたい自分もいる。

 

 

ファンである私にとっても、森田剛は少し不思議な人だ。冷めた発言を普通にする。でもそれが彼なりの言葉なのだと感じさせる温かさがある。

「V6が好きだ!ファンが好きだ!」

なんて絶対言ったりしないけど、ポロッとこぼす重みのある彼の言葉が好きだ。

証拠映像(笑)として出たSvbの映像で使われてた

「V6はV6。仕事仲間。」

「1人の方が楽ですよ。」 だけ見ると、おぉん森田剛……ってなるけど、どうか勘違いした人に全部見せて聞かせたい……。

他のメンバーに比べると、全部聞いても多少サッパリと感じるけど、それも不器用な彼の言葉なのだ。頑張って、頑張って「嫌だったら20年やってない」 だったのかな。

決して、「大好きで楽しくて20年やってやってきました!」とは言わないけど、

彼にとってV6とは、「ここからいなくならないで」ほしい存在なんだ。

普段口に出さないくせに、他のメンバーと同じように、V6を大切にしてる森田剛は絶対に存在するんだ。

それが他の人には届かなくても。

 

「20年経ってもメンバーに心を開かない!」
と言われて、ぼそっと、「そんなことないですけどねぇ…」 と言ったのをファンはちゃんと聞いてたよ。
それがとっさの返事のひとつなのか私はわからないけど、それが剛くんの今の気持ちだと思います。そうだといいな。いや、絶対そうだ。

 

私達はこれからも、V6で、ひゃひゃひゃと楽しそうに笑う彼を見ていくんだ。